FC2ブログ

私について(トップ固定記事)

月が好き。
「星の王子さま」が好き。
155cm。
「凶暴」と呼ばれていたことがある。
目が悪い。
電車の中で知らない人から手紙をもらったことが忘れられない。
髪は短い。
手先が器用。
文具が好き。
メイクはまずしない。
目が大きくて怖いと言われたことがある。
高卒。
無人境ドリンクが欲しい。
ものぐさ。
わがまま。
声が綺麗だと言われたことがある。
グラスにコースターが引っ付いてくると恥ずかしい。
スポンサーサイト

テーマ : ご挨拶と自己紹介
ジャンル : その他

「いかがでしたか?」

挿し絵

まとめサイトとかキュレーションサイトとかあるじゃないでスか。
いいか悪いかなんて知らないんでスけど、便利に思って利用してる人をとやかくなんて言わないでスけど、まあ私は好きになれないんでスけど、それら全体の事じゃなくて、締めの言葉。
だいたい最後に「まとめ」ってセクションがあって、そこにほぼ間違いなく「いかがでしたか?」って書いてある。
これがね~、なんか「カチッ」ってくるんだよね~。
理由は分かんない。
多分……
「まとめ」の事詳しくないから間違ってるかもしんないけど、あれらって無断転載でしょ?
自分で試した? 裏とった?
ひとの努力を自分の手柄みたいに取り上げて、もし間違ってたとしたら責任は転載元にあるからって安心してるんじゃないの?
そんなのの集合の後に「いかが」って言われても……。
「俺の検索能力はいかがですか?」ってことなの?
……んー、まあ、意味なんてないんでしょうね。
みんなそうやって書いてるからそうしてるだけなんでしょうね。
おばさん、「ノリ」が悪いでスか、そうでスか。

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

笑い方が変

今回イチローが日本に来てからの様子をテレビでちょこちょこ見てたんだけどさ、ずっと表情が不自然だなと思ってたの。
笑ってるのに泣きそうと言うか……。
「イチロー 不自然」で、24時間に限定してぐぐったりしても何も出てこなかったし、私の目がおかしいのか~と思ってた。
……まあ、ほんとにただの気のせいだったのかもしんないけど。

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

私の曲がり角のひとつ(長文)

挿し絵

小学校中学年の時。
隣の席の子が教科書忘れたから見してって言ってきた。
私は断った。
謎の正義感(?)だったんだよね。
仕方ないからその子は後ろの席の子に見せてもらってた。
後ろ向いてるもんだから先生に注意されるわな。
で、私が教科書見してあげないって言ったのがわかって。
びっくりするくらい怒られたな。
具体的な言葉とかは覚えてないんだけど、とにかく私は全否定されたって感じたのは覚えてる。
私の行為がどうだったのかはまあ置いといて。
担任に嫌われて毎日がつらくなった私はある日耐えられなくなって「体操着が洗濯中で無いから休む」っつってずる休みした。
今思うと、なんでこの要求が母に通ったのか謎。
で、翌日登校したらば友達に言われたの。
「体操着が無いから休むなんてずる休みだって先生みんなの前で言ってたよ」
絶望的な気持ちになった。
さらにその日の給食の時間には、突然机に無言で昨日配られたプリントを叩き付けられて、もうだめだと思ったよ。
私そんなひどい人間だったんだって。
こんなに嫌われるほどひどい行為だったんだって。


それまでの私は活発な子供だったんだよ。
友達付き合いも普通にしてたし、男の子とケンカしてもあんま負けなかった。
まあ、爪で引っ掻いたりとか、反則技使ってまで勝とうとしてたからなんだけど。
けどまあ、そこまでするほど負けず嫌いだったし、相手を嫌うのも相手に嫌われるのもそんなに苦痛じゃなかった。
私の中の正義が歪んでるって知ってからは自分を隠すようになった。
本当の私はクズだから、表に出したらみんなに嫌われるって分かったから。
親しくなると油断して出しちゃって、相手を怒らせたりとか何度もしたけど。


まあとにかくそれから私はいいこちゃんキャラを演じ続けた。
どうしたら相手に嫌われないか、どうしたら相手を騙せるか、それに重きをおいて人付き合いをするようになった。
友達は騙せてた……と思う。
注意して善き言動をしてたから、高学年の頃には大体の人は騙し終わってた。


中学に上がると、それだけでは対処できなくなった。
不良の子、半不良の子達に嫌われ始めた。
後ろの方の席でその子達が化粧品使ってて、私はつい「くさい……」ってつぶやいてしまったんだ。
それを聞いてた担任が「ほら、くさいってよ!」ってそのこたちに言った。
(コロス……! この担任コロス……!)
それが原因か分からないけど、ついに私はいじめの対象に降格した。
同じ空気を吸いたくないから息をするなと言われたことが忘れられない。
ホームルームが始まるまでは、屋上に続く階段に隠れてやり過ごした。
それでも、小学生の時騙し終えてた友達が別のクラスにいたからまだ救いがあったのかもしれない。
やっぱり嘘の善行じゃだめなんだなって、ああそうだ、偽善についてのおはなしでも書こうって思ったり。
いいこちゃんを嫌う人たちに対処する方法は結局見つからなかったなぁ。


高校卒業してバイトするようになると、人間に対する印象が変わった。
あれ? こんな私にも話しかけてくれるんだ? って。
大人には円滑な人間関係が大事だからだね。
ぎすぎすしてたら仕事もうまく運ばないし。
いろんな人からの好意も感じるようになった。
もうそんなに意識しなくても人を騙す言動ができるようになってたんだろう。
仕事が早い、丁寧だ、できる子、どこのバイト先でもそう言われた。
騙しスキルが相当上がってたんだな。


……「灰羽連盟」ってアニメがあってさ。
灰色の小さな、飛べない羽を持った子達のおはなしなの。

このあとネタバレだから。

その子達はとある町に突然双葉の形で現れて、それが成長して繭になって、そこから様々な年齢で産まれるの。
言葉も知識も様々なスキルも持ってるのに、自分が誰かは分からない。
そういう情報だけ抜けるタイプの記憶喪失みたいに。
だから名前も仲間がつける。
繭の中で見た夢にちなんだ名前を。
主人公の子の名前はラッカ。
落ちる夢だったから落下。
それの裏主人公は面倒見がよくていつも誰かの助けになろうとしてる子なの。
灰羽の子達には実は本当の名前ってのがあって、それは仲間がつけてくれた名前と読みが同じで漢字が違うの。
その漢字が、その子の本質を表す、ってことになってる。
そして、善き灰羽には巣立ちの日が訪れる
「巣立ち」ってのは、その町から消えてしまうってこと。
けどそれは悲しい出来事じゃなくて、喜ぶべきこと。
救い。
(多分、心が満たされて何かに納得すると昇華されるんだと思う。)
ラッカは連盟の偉い人から、裏主人公の子の本当の名前が書かれた札を預かってその子に渡すの。
札には偉い人が書いた説明も入ってた。
その子の名前はレキ。
今までは瓦礫の礫だったんだけど、札に書いてあったのは轢。
『引き裂かれたもの』を表す轢。
その子はかつて自分を捨てたことを思い出すの。
繭の中で見た夢は、小石が敷き詰められた道をただ歩いていく、ってものだった。
それの意味がわかったとき、レキは自分の嘘についてラッカに話す。
全部嘘だった。
優しくしたのも何もかも、自分が救われるための嘘だったって。
巣立ちの日が訪れずに年を重ね、羽を失った灰羽には孤独で辛い日々が待ってるんだって。
ラッカを部屋から追い出したレキに、小さなレキが話しかけるの。
「私は救われたかったのに、あなたは誰にも助けを求めなかった」
こわかったんだって。
本当に助けてほしくて手を伸ばしたのに誰もその手を取ってくれなかったらもう完全に救いがないからって。
部屋の壁一面にレキが描いた夢の記憶の絵から、汽車の汽笛が聞こえるの。
がたんごとんって、列車の走る音が近づいてくるの。
思い直して部屋に戻ってきたラッカはその光景を見て助けに行こうとするんだけど、小さいレキが腕をつかんで放さない。
「私の名前を呼んで。私が必要だって言って。」
その声は届かないけど、汽車の大きな影に飲まれそうになったレキは自然につぶやくの。
「らっか、たすけて」
その瞬間小さなレキは割れて消えて、ラッカはレキを体当たりで助けるの。
気付いたらね、札の漢字が変わってるの。
瓦礫の礫。
灰羽が巣立つときにのぼる古い数段の階段があるの。
礫はその踏み石のことなんだって。
嘘だったはずの今までの全ての行為、それはいつか彼女の本質となっていたんだって。
みんなを支え、常に誰かの助けになろうとしていた行為が。
だから轢じゃなくて礫なんだって。
そう、偉い人からの言葉が説明の紙に書いてあったの。
「たすけて」って言わなかったらね、世界が分岐してたんだと思うよ。
レキは轢のままだし、説明もそこで終わってた。


……なんだろ、何が言いたかったんだろ私。
ああそうだ、私の嘘についてだ。
レキの嘘はね、ほんと、本物になったと思う。
だから救いを求められたし、救われたし、救ってくれたし。
私の嘘はね、永遠に私とくっつかない。
完璧には操れない操り人形なの。
私は「たすけて」どころか「お醤油取って」も言えないし。
声の仕事の勉強をするとこで講師に言われたことがある。
「あなたの声は相手の手前に落ちてる」
自分で届けようとしないで相手が拾ってくれるのを待ってるんだって。
ああ、そう、きっとそうなんだよ。
相手に跳ね返されないように、手前で落とす。
気づかれなくても、手前で落としたんだから拒絶された訳じゃないって言い訳できるように。
自分ではひとの助けを求める手を振り払ったくせにね。
常に保険をかけてる。
でもね、一人が好きってのは本当。
これはまた種類が違う話。


なんかこんなことばっか書いてるとパーやんに山奥に連れてかれて置き去りにされそうだな。

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

本日のGoogleDoodle



適当に入力した音符をバッハっぽくしてくれる遊び。
こういうの好きだ。

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

「PSO2」

「ファンタシースターオンライン2」という、マルチプラットフォームなゲーム。
Switchでも基本無料だというので落としてみた。


色々分かりづらい上に、最初から多くを覚えることを求めてくる……。
覚えなきゃいけない事柄の量と、そのペースのバランスがおかしいんじゃい。
経験で覚えるべきこととそうじゃないことがあるだろ……。
私の頭が悪いのがいけないのかよ。
キャラクターメイクでも設定できる項目が多過ぎて、そこで力尽きそうになったわ。
私が細かく設定し過ぎただけ?


今スプラトゥーンで中距離のブキを使ってて、射程さえ上手く取れれば一方的に屠れるという楽しさがたまらないので、弓を扱えるやつを選んだ。
難しいな!
スプラトゥーンと違って、当然ジャイロなんかないし、レティクルも出ないので、まず自分がどっち向いてるか分からない。
正面向いてるつもりなのに微妙に斜めってて、アイテムが入ってる箱すら狙えない。
大丈夫か私こんなんで。


まあ、頑張って慣れるようにするよ。
そうだよ、何事も慣れは必要だよ。うん。
とは言え、主にスプラトゥーンが起動してるからついそっちに行っちゃうんだけどな。
スプラトゥーンほんとひどい。
ひとの時間を奪い取る力が半端ない。
他のゲームがなかなか進まないんだよ。
私の意志が薄弱だからか。

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

声が子供でよかったこと

挿し絵

前に、自分の声が子供っぽくて嫌だって書いたんだけど、よかったことがいっこあったわ。
勧誘の電話とか、謎の訪問者とかを簡単に退かせられる。
それっぽいなって思ったときつい受け答えがぼんやりして「わかりません」とか言ってしまうんだけど、そうすると相手は
「お父様かお母様いらっしゃいますか?」
って訊いてくんの。
「いません」
終了。
嘘ついてない。
あ、そうだよな。
自分の声、録音するまでもなかったか。
こういうことがあるなら確かに、ガキの声なんだよな。

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

プロフィール

黒ゆとり

Author:黒ゆとり
FC2ブログへようこそ!
?何で初期設定がこんな文章なの?

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR