FC2ブログ

無自覚だったこと

挿し絵

前に書いた、バイト先の上司の人、言うことがいちいち的確だったんだな……。
いつもおどけた感じだったのに。

当時私はバイクに憧れていて、免許とりたいなって話をその人にしたんだ。
そしたら、「おまえはバイクなんか乗らない方がいいよ~」って言われた。
その時は「なんでやねん!?」って思ったものだけど、うん、やっぱ的確。

最近自覚したんだけど私、注意力が圧倒的に足りない。
何もないところでつまずくし、振り向けば何かにぶつかるし、よく物を落とすし。

うん、危ない危ない。
私だけが怪我したり死んだりするならともかく、バイクや自動車なんて、動く凶器だからね。

でも一応、きょうだいの中では一番最初に普通免許とったんだよ?
オートマ限定じゃないよ?
時間はかかったけど。

なんでこんな私なんかが一番に免許とったかって、理由を思い出した。
謎の使命感だ。
父が他界して、車はあるのに誰も運転できなくなってしまって、なんか「私が後を継がなくちゃ!」って思ったんだよね。
父のことは、今母に感じるのと同様、ちょっとうざかったんだけど、色々尊敬はしていた。
だからかな……。

今はペーパーゴールドドライバーでス。
Tさん、あなたほんと、よく見てまスね……。

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

「そして伝説へ」

挿し絵

「そして伝説へ」は、ドラゴンクエストⅢのサブタイトルであり、エンディング曲のタイトルである。

私がドラクエを知ったのは、このⅢから。
兄がやってるのをたまたま見た。
たまたま見たのが、エンディング。
確かその頃の私はRPGなんてやったことなくて、曲と映像のカッコよさにしびれてしまったのだ。
びっくりしたなぁ、何このカッコいいゲーム! って。

で、兄はいつのまにかソフトを売ってしまっていて、どうしてもやりたくなった私は、中古で買ったのだ。
多分まだ小学生だった。
中古とはいえ、大きな買い物だっただろうに。
初めて自分で買ったゲームだ。

あー……今気づいたけど私、ロトシリーズのネタバレから入ったんだね。
あれ、知らないで普通にⅠからやってた人ってやっぱ感動したのかな。
私だったらぞっとするほど感動しただろうな。

なんか、ぞっとしたくなってきた。
ネタバレ溢れる今の世ではなかなか難しいか?
自分でちゃんとシャットアウトすればいいんだけどね。

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

作品と作者

挿し絵

どんなジャンルでもそうだけど、作品と作者はわけて考えるべきだよね。
作品が素晴らしいからって作者が素晴らしいとは限らない。
どんなに素晴らしい人間だからって、素晴らしい作品を作り出せるとは限らない。

当たり前だけどね。

「アマデウス」って映画を思い出した。
アマデウスはモーツァルトのことだけど、映画はサリエリという作曲家の視点で描かれてる。
なんでこんなふざけたやつがあんな素晴らしい作品を書けるんだよちくしょう、みたいな感じかな?

もうひとつ思い出した。
「エスパー魔美」という漫画の、「くたばれ評論家」……だったかな。
魔美ちゃんのお父さんは教師であり画家であるの。
ある時とある雑誌に、お父さんの個展をさんざんにけなす批評が載る。
我慢できない魔美ちゃんは評論家に会いに行って文句を言うんだけど、
「鼻歌歌いながら描いたような絵でも傑作は傑作だし、どんなに心血を注いで描いた絵でも駄作は駄作」
的なことを言われてしまう。
「父の絵が駄作だ、と……」と、魔美ちゃんはショックを受けて、憤慨して仕返しをしちゃうんだが。
その前に、「評論家に会って文句言ってきたい」って、クラスメイトの高畑くんに相談するんだけど、高畑くんは「意味ないなあ」って答える。
「その人はそう感じたからそう書いたんだろ」って。
まあ結局、「それで君の気が済むんならいっといで」って協力してくれるんだけど。
……私この高畑くんも大好きなの……。
彼はすごい天才で、本なんか一度読めば覚えられちゃうんだけどそれだけじゃなくて、なんつーか、大人。
あ、確か中学二年生?
でも大人。
ただ記憶力がいいだけじゃなくて、魔美ちゃんがとある疑いをかけられて、いろんな証拠が不利なのにも関わらず、「理屈じゃないんだよ、人を信じるってのは」と、魔美ちゃんを助けてくれたりとか、かっちりし過ぎてない。
かっこええ……。
だけど時々、超常現象とか未確認生物とかに夢中になって我を忘れたりする。
かわええ……。
話がひどく逸れてしまった。
まあつまり、私もその評論家と同意見だって話。

なので私は、好きな漫画でも好きな童話でも好きな曲でも好きな絵でも、作者のことはできるだけ考えないようにしてる。
してる……はず。
こういうブログとかは別に「作品」ではないから関係ないけどね。
ここも私がまんま描き出されてるだろうし。
挿し絵はどうだろう……。
まあいいや、自分のことはよくわからん。

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

『終る世界』

挿し絵

そういうwebサイトがかつてあった。
私もリアルタイムで見てた訳じゃなく、ミラーサイトで知ったんだけど。
だからどのくらい話題になったのかは知らない。
けどまあ、すごい内容だったよ。

憧れたね。
私もタイムリミット決めれば気が楽になるかなって思ったり。
ま、私にはそんな度胸ないんで。

けどこのブログはきっと、私の『終る世界』だ。
私は今、この生活を満喫してる。
けどこんなのいつまでも続けられるはずないんで、そう遠くない将来、終わるでしょう。
たくさんおはなしを描いたり絵を描いたりできるのは、最後の火を燃やしてるんでしょう。

楽しみにしとくか……。

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

はがれた日にち

挿し絵

こないだ? も書いたけど、ほんとに日にちの感覚がヤバい。
ふと「今日何曜日だっけ、水曜か木曜かな?」って思ってケータイ見たら、土曜。
びびったよさすがに。
何かの間違いじゃないかと思って、ブログの過去記事管理画面開いて確認した。
……うん、1週間分、投稿した記憶がある。
まじかー……。

私の好きな「ふたつの天気」って歌に「はがれた時刻」って歌詞があって、前から「すごくしっくりくる表現だな~」って思ってたんだけど、今もっとしっくりくるわ。
ほんと、日にちがはがれてる。
どこいったんだ私の時間。

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

「Love Song 探して」

挿し絵

「Love Song 探して」は、ドラゴンクエストⅡで流れる曲。
子供の頃から大好き。
ファミコン音源のじゃなきゃイヤだ。
1ループの最後辺りが特に好き。

普通は、ふっかつのじゅもん入力画面で流れる。
けどなんか、とある町にいる歌姫と名乗る女の人に話しかけると、BGMを通常の町BGMからこの曲にかえてくれる。
歌ってるってことなんだろうな。

この演出とか、曲名や音楽の毛色の違いがずっと謎だった。
なんつーか、この曲だけやたら気合い入ってんなって思ってたの。

で、ようやく今になって調べたよ。
タイアップ企画だったんだね。
当時ドラクエのサントラ? 出してた会社のアイドルがこの歌姫で、ゲーム中、この人が出てきた場面を写真に撮って送ると、抽選でなんかもらえたんだって。
だから「探して」なんだって。
この曲でこのアイドルを売り出そうとしたんだね。

歌の方には興味ないや。
やっぱファミコン音源。
当然、100分間耐久シリーズで見つけてありまスよ。
ガラケーにも、公式から買ったやつが入ってまスよ。

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

「相棒」は神戸くん派

挿し絵

まず、面白い。
ツッコミが多くて楽しい。
及川光博さんの演技が好き。
「ぼんじりってどれですか?」とか、思い出しただけで笑えるぷぷぷ。
微妙な距離感と言うか、関係性がいい。
最後の……あれ、最後だよな、刃向かってったとこなんかもう……たまらん。
途中のエピソードでも、裏切りみたいなことしてたし。
裏切り? 違うか。価値観の不一致か。

薫ちゃんとは仲良すぎたし。
安定感がありすぎたといってもいいか。

カイトくんとの関係性みたいなもんは最後まで感じられなかったし。

冠城くんは……今もまだよくわからない。
なついてるのかな?
なんかキャラがぶれてるような。
まあ、ぶれてない人間なんていないんだから、そこら辺リアルなのかもしんないけど。

青木くんは逆にブレがないよね。
これからどーなるかわからんけど。

ああ、書いてたら、神戸くんの最後の話もう一度見たくなってきた。
夕方の再放送たまに見るけど、なんか偏ってない?
またこれか……ってことが多い。
なんだろう、たまきさん以外にもなんかあんの?
……って思ってたら、今もうたまきさん出られるようになったんだね。
良かった。

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

おばあちゃん化

挿し絵

最近毎日のように、深夜目が覚める。
2時とか3時とかに。
すぐまた寝ればいいのに、なんか起きちゃう。
お年寄りって早起きらしいけど、私やっぱおばあちゃんになってんの?
で、そんな時間に起きたのに、昼寝もしないんだよね。
しなくても眠くないの。
これってもしかしてお得?
(「おとく」って、「お得」? 「お徳」?)

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

サトウのごはん

挿し絵

サトウのごはんってさ、なんであんなに容器からきれいにはがれるの?
すごく扱いやすいんだけど。
他のメーカーのパックごはんって、容器にたくさんお米粒がくっついちゃってイライラするんだよね。
ああ、逆になんでサトウのごはん以外はくっついちゃうの?

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

キャラを生かしたり殺したり

挿し絵

ずうっと昔、もののけ姫のメイキングというか、制作現場を撮影したドキュメンタリー番組が放送されたことがあった。

なんか今でも覚えてるのが、宮崎駿監督が「アシタカが転ばない」っつって悩んでたシーン。
ラフだかなんだかわかんないけど、2枚の絵をぺらぺらさせて、動きを確認する作業をしてたんだろう。
ずいぶん長いこと悩んでた。
最終的に、主人公だからっていつまでも顔こっちに見せてるから転ばないんだ! って解決してた。

いやあ、あんなすごい人でもそういう風に悩むことあるんだなって。
毎度おこがましいんだが私も似たような気持ちになることがある。
こいつ急いでねえな、とか、重さが足りねえな、とか、こいつ実は起きてんな、とか。
ほんの少しの角度修正でガラッと変わることもあるし、思い切った大きな変更をしないとどうにもならないこともあるし。

う~ん、趣味で良かった……。

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

プロフィール

黒ゆとり

Author:黒ゆとり
FC2ブログへようこそ!
?何で初期設定がこんな文章なの?

MoonPhase

最新記事

検索フォーム

QRコード

QR