地図を読める私、話を聞かない私

私の話なんか誰も聞いてくれない。
ちょっと前までは、自分では頑張ってひとの話を聞いていたつもり。
けど私の話は誰も。
なのでもうやめた。
なのでここに書いてる。
ここに書いたって誰が聞いてくれてるかくれてないかすら分からないけど、目の前のひとに聞いてもらえないよりずっといい。
私が何を好きで何をいいと思って、どれだけ誰かにほめられたいか、そんなことは誰も気にしない。
私が生命活動を行っていればそれでいいみたい。
だから私は枕と一緒だってここに書いた。
だから私も誰かに興味持つのやめたってここに書いた。

ねえ、みんななんのために誰かと繋がってるの?
ジョリーと僕とではんぶんこなんて嘘だった。
嫌なことだけ分け合わされて、おいしいものは半分しかもらえなかった。
一人の方がいいでしょ?
一人の方がいいに決まってる。
誰か教えてよ。
私に分かるように教えてよ。

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

「ソルスティス」

挿し絵

「ソルスティス」は、大昔のファミコンソフト。
ファミコンソフトなら何でも大昔か。

好きだった。
なんか確か、イギリスだかどっか、外国との合作だった。

まず曲が良くてさ。
起動してほっとくとタイトルからプロローグ、そしてゲームの最初の方のプレイ映像までが続けて流れるんだけど、そのBGMがたまらん。
なに調って言ったらいいか、知らないからわかんないんだけど、とにかくエキゾチック。
ジャジャーン! って感じで勢いよく、エネルギッシュに進んでく曲。
対して、プレイ中のBGMはひっそりしてる。
こっちもやっぱエキゾチックではあるんだけど。
ひっそりしててもやっぱイイ。

ゲームはクォータービューのアクション。
謎解きアクション?
もうたくさんの、ほんとにたくさんの部屋があって、それらは二次元だけじゃなく、三次元的に繋がってるの。

難しかったなあ。
兄が一度だけクリアしたんだったかな。
私もう序盤で死にまくり。
アクションだけじゃなく、パズル的な要素も難しかった。

「ゼルダの伝説」をいくつかクリアした今の私ならできるかな……。
でもハードもソフトもない。
昔のエミュにもなかった。
なんか方式が違うとかなんとかで。

やりたいなあ……。

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

男子女子

挿し絵

私の知り合いがさ、「いい歳して"~女子"とか言って恥ずかしくないのかね」とか言ってたんだけど。
いや、スポーツとかで普通に「女子~」とか言うじゃん。
そいつ、スイーツ(笑)とかも言ってそう。
人をバカにするのが好きなんでしょうね。
やだやだ。

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

こいばな

挿し絵

高校の頃仲良かった友達の話。

同じ部活に入っていて、それぞれ同じ部活の別の先輩に恋してた。
まあ、私のはただの憧れだったんでしょうが。

校内であと尾けたり、昇降口で登校待ちしたり。
楽しかった。

ある時ちょっと楽しくなりすぎて私、友達の好きな先輩にすごく近づいてやった。
その子連れて。
動揺してる動揺してる、ふふふ。
楽しんでたら、肩たたかれた。
はい? 振り向く。
犯人その先輩。
「文化祭の時友達が撮った写真あげる」
「あっ、ありがとうございます……」
あらー、弾いてる私を後ろから撮ったやつ。
上手に撮れてる……。
ちらと友達の方を見る。
距離とって向こう向いてるー!
チャンス! チャンスなんですよ!?
結局その子はそのまま、先輩は写真くれて去ってった。

「先輩ゆとりのこと好きなんじゃない……?」
とか言う始末。
いやいやいや、今まで一度も、多分あいさつすらしたことな……あっ、私ほんと失礼なやつだな……ないんだよ!?
てゆーかなんで会話に加わらん!?
やきもきが最高潮に達する私。

まあ私も、憧れの先輩の登校待ちするだけで他になんもできなかっんでスけど。

ずいぶんあとになって、その先輩に彼女がいるって噂を聞いた。
その子泣いちゃった。
びっくりした。
そんな風に感情を出す子じゃなかったから。
あー……すごい、ほんとに好きなんだなって……。
なんか私も悲しくなった。
でも、私が同じことになったらここまで思えるだろうか……。
そんなことも思った。

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

旅番組の不思議

挿し絵

ナレーターが旅人として色々しゃべったり質問したりする形式の旅番組あるじゃないでスか。
あれ、余計な要素が無くてすごくいいと思うんだけど、その話じゃなくてね?

スタッフの声どこいったって話でスよ。
映像の音声を完全に消してるようには聞こえないし。
ナレーションでかき消されてるとも思えないんだよなあ……。

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

必要とされた実感

挿し絵

高校の部活でベースを担当してた。
リズムパートの中でも地味だし、注目なんかされない。
でもベースの音が好きだ。

いつものように全体合わせをしてた時のこと。
やはりいつものようにひっそりした気持ちで、それでも嬉しく弾いていた。
そしたら、ドラムの先輩が言ったの。
「リズム当てにしてるからもっと大きい音で弾いて」
まじすかーーーーーー!
感動したんだよ。
私なんかの音、必要としてくれてる人がいたなんて。
いや別に「私の」音ではないんだけどさ、なんかこう、嬉しかった。

これが私が必要とされたと揺るぎなく思える唯一のことかなー。

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

手遊び

挿し絵

こうすると、テーブルがへこんでるように感じる。
なんか好きでよくやってる。

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

黒ゆとり

Author:黒ゆとり
FC2ブログへようこそ!
?何で初期設定がこんな文章なの?

cashmessage

thank you.

  

テストです。
ちょっとした情報もしゃべります。
上手く動かなかったらすみません……。

更新通知で新しい記事をいち早くお届けします

QR