FC2ブログ

ドナルドダック

子供の頃なぜかうちに、何本かのディズニーアニメのビデオがあった。
映画とかじゃなく、主にミッキーとドナルドとグーフィーがいろいろやらかしたりやらかされたりするアニメ群。

好きだったなあ。
「ドナルドの黄金郷時代」とか、もう声当てられるくらい何度も見た。
面白いよねえ。
音楽とのシンクロのさせ方とか、絶妙な緩急の付け方とか。
数分から数十分の作品の集まりだったけど、どれもほんと面白かった。

「ウィリアム・テル」序曲とか、多分これで知って、今も大好き。
ミッキーが指揮者で、音楽に合わせて話が進んでくの。
途中、ミッキーの服の中に何かが入ってもぞもぞしたせいで、原曲がどんなだかわかんない部分とかあるけど。
朝の静かな部分あるじゃん、あの最中に、売り子であるドナルドが現れて、空気も読まずに大声で食べ物を売り始めるの。
「ポプコーンにピーナツラムネはいかがー! ポプコーンにラムネ、ポプコーンにピーナツだよー!」
ははっ、今も暗唱できるわ。

どの作品でも大体ドナルドはひどい目に遭うんだよね。
自業自得なことが多いけど。
基本ヒドイやつなんだよあいつ。
ハロウィンには子供にお菓子をあげるどころかいじわるするし。
働くロバのケツは蹴っ飛ばすし。
「とさかにきた!」とかって誰でも言う言葉?
多分これで知った。

スリーピーホロウもこの一連で知ったな。
「ディズニーのこわ~いおはなし」ってタイトルのビデオだった。
ミッキーとか全く出てこない。
普通の人間だけ。
いや、首なし騎士は出てくるけどさ。
音楽と歌も多くて、今の映画に近い感じかも。
のちにティム・バートンの「スリーピーホロウ」観たとき、「え、イカボード先生がカッコいい……」ってびっくりした。
こっちも大好きだけど。

「魔法使いの弟子」もあった。
こわいよねあれ。
なんか……あのほうきたちって、現代で機械に置き換えて話せそうだよね。

また見たいなあ……。
なんで子供の頃うちにあったものって、いつの間にかなくなってるんスかね?

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

2018ハロウィンDoodle

孤独な闘いの結果

うん、まあ、なんだ、しょんぼりするしかない。

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

トリュフ塩

トリュフ塩

ずっと前にお店で出てきておいしかったから、出来心で買ってしまった。
色んなメーカーのがあって、まあ多分これじゃなかった。
もう箱開ける前から香る。
レビューに「ジップロック必須」って書いてあったけど、その通りだ。
……なんだけど、実際使ってみると……うーん、そんなに香りがたたない。
パスタを普通より多目にゆでて、市販のソースにプラスしたんだけど。
市販のじゃなくて自分で作って、もっと割合多くしないとダメかなあ……。
ペペロンチーノまでしか作れない……。
ん、それでいいのか。
にんにくも鷹の爪もない……。
めんどくさいけど買いに行くかあ。

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

私が好きな「面白さ」

「知識がないバカにはこれの面白さが分かんないんだよ」

うん、まあ、そーゆーこともあるとは思う。
でもなー、なんてゆーか、「知らなくても面白い、知ってたらもっと面白い」そーゆーのが私は好き。

ダ・ヴィンチ・コードと2ちゃんの隠語、何が違うのさ。

「俺は、自分が人よりも頭が良いと思い込んでいる人間が嫌いなだけです」
『相棒』の神戸くんの言葉。
思ってるだけならなんの問題もないけどね、いや、実際頭が良くてもね、それでひとを見下してバカにするようなやつは嫌い。
そーゆーこと言うやつって、なに考えてんの?
相手が傷つくの見て楽しんでんの?

あの野郎は私に向けて言ってるつもりじゃなかったかもしれない。
けどそれで何度誤爆かまされたことか。

差別主義者なんて都市伝説かと思ってたよ。

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

「王さまものがたり」

挿し絵

「王さまものがたり」は、Eテレの「プチプチ・アニメ」のひとつ。
ああ、「プチプチ・アニメ」は5分番組で、いろんな作品があるの。
ほとんどストップモーション。
だよな? CGではないよな?
5分だし、どれも見てて楽しい。

その中でも特に「王さまものがたり」が好き。
好きになったきっかけのエピソードは、「王さまとさかなちゃん」。
なんかもう、見てもらうしかないんだけど、説明すると……
偶然出会った、王さまと、王さまの友達の黒いいぬと、小さな池にひとりぼっちで住んでるさかなちゃん。
楽しく遊ぶんだけど、お別れの時間はやってくる。
寂しいさかなちゃん。
すると王さまと黒いいぬが戻ってきて、さかなちゃんをお城に連れて帰ってくれた。
嬉しいさかなちゃん。
さかなちゃんは食欲旺盛。
どんどん食べてどんどん大きくなる。
さかなちゃんを入れる器もどんどん大きくしてかないといけない。
どんどん大きくなるので、とうとう王さまの持っている入れ物ではどうにもならなくなってしまった。
3人は海を目指すことにした。
道中は決して平坦じゃないけど、ちからを合わせて進んでいく3人。
とうとう海にたどり着き、さかなちゃんは大海原へ。
3人はやっぱり少し寂しいけど、海にはさかなちゃんを出迎えてくれるたくさんの大きなさかなたちがいた。
めでたしめでたし。

このさ、お別れの時間がさ、「星の王子さま」のキツネのとこになんか似てて切ないなって。

けどそれよりも「うぐっ」っときたのが、海へ向かう3人の様子。
楽しそうなんだよ。
この先には、きっと永遠になるお別れが待ってるんだよ?
お別れするために旅をして、ちからを合わせて……。
それなのに楽しそう。
それがもうなんか……もう「うぐっ」っとくるとしか言いようがない。

それから私は、「王さまものがたり」というキーワードでおまかせ録画してる。

「王さまとひつじちゃん」も良かったし、「王さま種をまく」も良かった。

ひつじちゃんはひとりだけ他のひつじと毛の色が違ってて、仲間に入れてもらえない。
王さまはなにやらひらめく。
ああ、毎回王さまは何かひらめくの。
「てぃてぃてぃてぃってぃてぃーてぃってぃてぃー♪ よしゃー!」って。
で、王さまはいろんな色の布でちくちく縫い物をする。
夜にこっそりひつじの群れに近づいて何かする王さま。
翌朝ひつじたちは、自分たちのからだがそれぞれカラフルな布に包まれてることに気づいて嬉しそう。
毛の色が違ってたひとりぼっちのひつじちゃんも服を着て、仲間に入れてもらえた。
めでたしめでたし。

ある日王さまは、すてきなお花畑にやってくる。
ふたりのうさぎが楽しそうに花かんむりを作ってる。
ひらめく王さま。
お城に大きな花かんむりをつけられたらすてき!
王さまは、重機を使ってお花を根こそぎお城に持って帰って飾り、とても満足。
土ばかりになってしまったお花畑を見たふたりのうさぎは悲しそう。
再びお花畑を訪れた王さまは、変わり果てたお花畑を見て、自分がしてしまったことの大変さに気づく。
しおれる王さま。
うさぎは王さまにお花の種を渡して、ここにまけと言う。
うさぎにおしりをたたかれながら、頑張って種をまく王さま。
それから、お花畑にやってきては、お花が咲いていない、とがっかりする王さま。
ある日、あんまりお花が咲かないので、王さまはとうとう泣いてしまう。
そこへあのうさぎがやってきて、王さまをこっちこっちと連れていく。
そこには数本の、お花のふたばが。
喜ぶ王さまと黒いいぬとうさぎとうさぎ。
めでたしめでたし。

あ、書いてて涙出てきた。

あ、あと、「ストローザウルスネオ」にも、旅に関する、好きなエピソードがあったな。
どんなんだっけ。

それから、最近知った「森のレシオ」っていうのも良さそう。
まだ2つくらいしかエピソード観てないけど。

「プチプチ・アニメ」ってすんごい種類があって、いつ何が放送されるのか、多分決まったローテーションとかない。
だからふとEテレ見てると、ああん、このアニメ全部知りたい! ってなることがよくある。
今自分が観てるエピソードがいくつめなのか、そもそもこのアニメに順番とかあるのか、それすらも分からない。
一期一会。
けどそんなところも好きかな。

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

コーヒー牛乳の牛乳と、ミルクティーの牛乳

紅茶が好き。
多分主に香りが好き。
なのだが、「雪印コーヒー」も好き。
あれ、なんか別物だよな。
ココナッツオイルだっけ? なんかそんなのが入ってるよね。
多分それのせい。
それと、最近知った「タカナシ コクっとミルク」。
紅茶ラテとカフェラテがあるんだけど、これはカフェラテの方がおいしい。
紅茶が渋すぎると思う。
ミルク感が失われてる。
商品名がね? 「コクっとミルク」じゃん?
これを買う人は「ミルク」を求めてるんじゃないかな。
やっちまったな、タカナシ。

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

ねこの顔

子供の頃は、ねこの顔で個体を判別できた。
鳴き声でも判別できた。
今は自信無い。
野良ねこに会う機会が無いからなのか、私が何かを失くしたからなのか。

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

「ミス・ビアンカ」

挿し絵

シリーズものの童話。
中学生の頃、図書館に通いまくって読んだ。

もうそんなに内容覚えてないんだけど、なんか好きだったってのは覚えてる。

ミス・ビアンカははつかねずみ。
はつかねずみ? とにかく白くて美しくて上品な貴婦人だったって記憶がある。
そして実にキレる。
かっこいい。
第1作目で仲間になったねずみがいたな。
大きくて汚いイメージの方のねずみ。
でもいいやつ。
mouseとratってやつ?

いろんな冒険をする話だった。
冒険……してみたい。
冒険したくて最近ドラクエ7を買ったけど、あれ? 前書いたっけ? なんか世界に入っていけなくて、宙ぶらりんでほったらかし。
だって、どんなに冷たい選択肢を選んでもなんも変わらないんだもん。
してみたいなあ! 冒険!
わくわくしたいんだよ!

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

音楽のブレイク

挿し絵

好きなんだよね、ブレイクがある曲。

「ウィリアム・テル」序曲にもあるじゃん、最後の方。
たまんないね。
FF5の「ビッグブリッヂの死闘」にも、完全無音ではないけどあるじゃん。

聴いてる方も息止めちゃうよね。
のってたリズム一時中断してじっと次を待つときのあの感じが……ほんとたまらん。

効果的なブレイクってほんと素晴らしい。

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

「ゼルダの伝説 ムジュラの仮面」

挿し絵

ハードなんだっけ、64?
好きだったなあ。

まず、何もかも失敗するところから始まるの。
で、時間が巻き戻る。
どういう仕組みだったか忘れたけど。
何度も何度も巻き戻して繰り返して、少しずつ結果を変えていく。
そういうゲーム。

あ、まどマギのほむらちゃんとか、某ゲームの某青年とか、これに似てるんだ。

で、このゲーム、世界がリアルタイムで変化していくの。
自分がどこにいても、あの人はあそこへ行くし、彼女はああいう行動をする。
決まった日時に張ってれば、あのおっさんがドアを開けて家から出てくるのを確認できる。
ちょっとずつ情報を得ながら、「ああ、だからこうなるのか!」って、因果が明らかになっていく。
ほんと何度も繰り返す。

で、こわい。
「時のオカリナ」もそうだったけど、こわいんだよ雰囲気が。
こわいと言うか、不気味?
何て言えばいいのかなー……。
何となくプレイしてればこわくないのに、一度はまるともうプレイできないほどこわくなっちゃう、とまでは言わないけど、なんかそんな感じ。

好きだねえ。
ゲーム詳しい人からすれば普通なのかもしれないけど、なんかそんな、止められない時間があるのが私には新鮮だった。

ああ、自分で書いてて、某ゲームの某青年のこと思い出して切なくなった。
胸が痛い。

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

プロフィール

黒ゆとり

Author:黒ゆとり
FC2ブログへようこそ!
?何で初期設定がこんな文章なの?

MoonPhase

最新記事

検索フォーム

QRコード

QR