"好き"を通すメンタル

映画「レオン」が好きだ。
録画したものを観ていたら、同じ空間にいた人間が「これは面白いの?」と言った。
暗に「つまらない」と言っているんだとわかった。
「まだ観るの?」
こんなつまらない映画観る暇があったら自分の話を聞け、と言っている。


まどマギの「叛逆の物語」のブルーレイを観ていたら、隣に座ってる人間が言った。
「中学生がこんな短いスカートはくわけがない」
「みんな同じ顔だから誰が誰だかわからない」
で、「これはどういうことなの?」と訊かれたから簡単に説明したら、「ふーん……まあ別に分かりたくなんてないからどうでもいいけど」と返された。


映画「プライベートライアン」を観たあと、どうだったか訊かれたので「よくわからなかった」と答えたら舌打ちされた。
「どこ見てたの?」


私がバカだからいけないのか。
ものの価値がわからないのが間違ってるのか。
「いいもの」以外を好きになったらいけないのか。
価値がないものは排除されるべきなのか。


多分私が弱いのがいけないんだ。
私は一部を否定されると全てを否定されたと感じてしまう。
好きな対象にとどまらず、それを好きな私自体を否定されたと感じてしまう。
本当に好きなら、誰に何を言われたって気にしないで好きを貫けばいいのに。

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

死ぬ準備

「死ぬ準備」挿し絵

死ぬための準備をすることを考えてわくわくしているところ(準備しているわけではない)。
終活とは違うんだよね。
こういうわくわくが出てきてるってことは私、元気になってるってことだな。
元気ないときはそんなん考えるだけでめんどくさい。
まあ、めんどくさいから何もかんもどーでもいいやって、ほっぽったまんま死ねる人もいるだろうけど。

テーマ : 今日のイラスト
ジャンル : 日記

八千草薫さん……

ずうっと昔、バイト先のお店に八千草薫さんが来店したことを覚えてる。
思ったことは
「クッソかわいい!」
やわらかくてふんわりしてて、ほんとかわいいとしか言いようがなかった。
そうか……残念です。

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

【TFFCC】「バトル2(FINAL FANTASY V)」の好きなとこ


この曲はティンパニーがすごくよい。
ティンパニー……だよな?


このゲームは本当に私にとっては夢のような作品なんだよ。
ゲームの音楽って大抵リピートする前提でしょ。
リピートしていくら聞いてても鬱陶しくないし、飽きもしない。
すごいじゃん。
戦闘の曲は出撃したくなるのが多いし、フィールド曲はそれこそ気にならないBGMになる。
そんな曲を聞くとき私は、両手両足頭胴体、それぞれ好きなリズムを刻む。
それを実際にその曲に参加できるみたいに遊べるなんて!
ああそう、昔Miiverseでこういうアドバイスをもらったの。
「心の中で歌いながらプレイするといいよ」
これが本当に大事でさ。
つまり自分のリズムに責任を持つってことなんだよ。
私はタッチペンというパーカッションを担当しているって気持ちで臨む。
流れてくるトリガーはまさに音符。
そうするともっともっと楽しくなる!

テーマ : シアトリズムファイナルファンタジーカーテンコール
ジャンル : ゲーム

深キョンだっちゃ

東京ガスのCMで深田恭子がラムちゃんやってるじゃん。
私結構好きなんだ。
深田恭子ってああいう、ちょっときつい感じのキャラクターが似合うよな。
かわいい。
え? こころくん? ああ、成長したね。

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

悪は人を魅了する

「悪は人を魅了する」挿し絵

ずーっと前の「相棒」に出てきた精神科医の女の人が書いていた論文のタイトル。
彼女は、快楽殺人者のカウンセリングを担当していた。
快楽殺人……と言うより、殺すことが息をすること、みたいな印象だった。


私は4人のカウンセラーさんに担当してもらったけど、4人とも体調を崩して辞めていった。
よく「患者に寄り添う」とか言う言葉を聞くけど、寄り添う加減が実に難しいんだということを知った。
合唱するときみたいに、人の歌声を聞きつつ、決してつられてはいけない。


悪は人を魅了する。
そして、人の闇は強い引力を持っている。
重力は強いからこそ光も逃さない闇になるけど、ん〜、似てる……のか……?
闇に簡単に引き寄せられる私は実に原始的な精神構造をしているのかもしれない。


ところで、重力というものが、宇宙にある力の中では弱いものだと知ったときはびっくりしたなぁ。
こんな大きな地球の重力に、あんな小さな磁石の磁気力が勝てるだろ? ってなことを雑誌で読んだんだよね。
じゃあもし、地球ほどの大きさの磁石があったら一体何が起きるんだろう。

テーマ : 今日のイラスト
ジャンル : 日記

1日6しろくま

鹿児島を旅行したことがある。
メインは、とあるホテルで開かれたビールイベントだったんだけど、その次に……いや、それ以上に大事な目的があった。
天文館むじゃきのしろくまを食べまくること!
とあるテレビ番組のキーアイテムと言うか、まあそんなんなので、ある意味聖地巡礼とも言えるかもしれない。


別にそれだけが理由じゃないのよ。
超うまいから!
その旅行の何年も何年も前、「ナムコ・ナンジャタウン」(うお、変換候補に出てくる……)ってテーマパーク? で食べたことがあるの。
うますぎてびっくりした。
あと、でかすぎてびっくりした。
氷のキメが細かくて軽くてなめらかで……練乳たっぷりでもう……もう……忘れられなかった。


旅行の後、私の住んでるとこの近くにあるデパートの物産展にも何度かむじゃきが来たことがある。
もちろん行ったさ。
でもね、1日3回とか、毎日とか通えないじゃん。
そもそも物産展が2日間とかだし。


今はもう行く機会がない。
ひとりで行くようなもんじゃないし。
まあいいや、余生なんだから。

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

黒ゆとり

Author:黒ゆとり
FC2ブログへようこそ!
?何で初期設定がこんな文章なの?

cashmessage

thank you.

  

テストです。
ちょっとした情報もしゃべります。
上手く動かなかったらすみません……。

更新通知で新しい記事をいち早くお届けします

QR