使えない耳

「使えない耳」挿し絵

私は右耳で電話ができない。
イヤホンしてるとき、右側を上にして横になることができない。
イヤホンを片方外すときも必ず右。
ダメなの右耳が。
耐えられないほどくすぐったいの。
耳じゃなくて右脇腹の背中よりの辺りがくすぐったくなる。
美容院で最後バリカン? かなんかで首筋辺り整えるじゃん。
死ぬほどつらい。
動いちゃいけないし、何より、くすぐったがってるって気付かれたくないから。
ひとにかけてもらうドライヤーもダメ。
何だろうねこの、左右の差。

テーマ : 今日のイラスト
ジャンル : 日記

人生会議ポスター

批判を受けて、作ったのにボツになったそうで。
私はなんとも思わないけど、まあ、なんにでもメッセージ性を見出しちゃう人はいるからな。
けどさ、ニュースで「これではガン=死を連想させる」とかいう意見が紹介されてたけど、ん? どこにこれがガン患者だって書いてあるの?
このポスターを見て「これはガン患者だ」って思い込んだだけなら、それこそ「瀕死の病人=ガン患者」だって思ってるってことじゃん?
さらに「関西弁を使っていたり、お笑い芸人が演じていることが、死にゆく人を茶化している」なんて言ってる人もいるそうだ。
なんだ? 関西人やお笑い芸人を馬鹿にしてるのか?
あと、番組のコメンテーター(おばさん)がね「親族を亡くしたことがある私からすれば」みたいなこと言ってたんだけど。
いや、お前ほどの年齢で誰も身内が死んでない人の方が珍しいから。
ん〜……なんだろな、オマエモナーと言うか……周りが見えてないのかな。

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

似てるにおい

ねこの息のにおいと、こんにゃく屋さんのにおいが似てると思う。
こんにゃく屋さんごめんなさい。

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

ぱっと見

GUESSとGUINNESSのロゴ

電車に乗ってきた女の子が
「GUESS」
と書いてあるTシャツを着ていた。
それを見た瞬間
「GUINNESS」
だと思ってしまった。
そんな思考回路、別に嫌いじゃない。
え、だって、同じセリフ体だし、フォント似てるよね!?

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

頭に洗面器・3

おかしい……。
前回は追記機能を使ったはずなのに、どうやらリンクが切れているようだ。
今度こそ! 三度目の正直!


まずは前回の記事と、前々回の記事であらすじをご確認ください。


じゃあ続き。
「どうして頭に洗面器なんか乗せてるんですか?」
すると男はこうこたえたの。
「よくぞ訊いてのなしち土地に餅とに勝ちるのらすいみにくち区な後にて値の生き血値砂耳私意となる間に仮名朽ち






なんかキーボードがおかしくなっちゃって、そのまま投稿しちゃった……。
今スマホに切り替えて追加で書いてるんだけど……。
原因が分かるまでこの文章は残しておくべきだよね?
どうしてこうなった?
まじ困る~!


こういう暗号もアリかなと思ったとか。
いや、思わなかったとか。

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

(わらい)の大学」

「笑の大学」挿し絵

三谷幸喜の舞台。
初めはテレビで見た。
どうして見たんだったか……多分「王様のレストラン」が面白かったから、三谷幸喜の作品をできるだけチェックしてたんだろう。
「巌流島」も録画したのがあるな。
例によってVHSからDVDに焼いたけど、ちゃんと見られるかどうかわからん。


で、何年も経ってからまたやるっていうんで見に行ったことがある。
どういう都合か忘れたけど、席が足りないってことで、舞台上に即席席(?)が用意されて、私は真横から見るという実に残念な体験をすることになった。
なんなのこの仕打ち。


話の内容としては……
戦前の日本が舞台。
(わらい)の大学」っていう喜劇劇団の脚本家が、本の検閲を受ける話。
検閲官が厳しく意地悪で、要するに通す気がないの。
細かいところをつっついて、無理難題を出して、許可はできないと言ってくる。
でも脚本家は何度も通い、指摘された部分を逆に笑いに変える形でどんどん脚本を直していく。
そうしている内にいつのまにか、二人で協力して脚本をブラッシュアップしていくような展開になってくの。
許可が降りた日、脚本家は自分の思いについて検閲官にだけ話す。
これは喜劇作家としての戦いだと。
笑えるものを作ってはいけないだなんて、国のやっていることはおかしいと。
ふたりはお互いの立場を忘れていた。
検閲官は、そんな話は聞きたくなかったと言う。
そして、もうひとつ大事な注文を忘れていたと言って、最高の無理難題を出してくる。
……っていう内容。
検閲官役の西村雅彦さん、演技が実にいやらし~~~い感じを出しててすごくいい。
近藤芳正さんはそんなに派手じゃないんだけど、こう、じわっと来る感じが好き。


舞台はいいね。
こっちまで緊張する感じがたまらない。
小さい劇場も好き。
渋谷の、ジァン・ジァンっていうとこで見たやつは、役者さんが近すぎて別の意味で緊張したけど。
目当ては役者さんじゃなくて、横で音楽つけてた人だったんだけどね。
役者ひとり、音楽ひとりっていう構成だったの。
楽器を弾くだけだけど、一応役回りがついてはいた。


なんだろうね、劇場に入ると感じるあの感覚。
思い出すとおなかがぎゅってする。

テーマ : 今日のイラスト
ジャンル : 日記

ココナッツサブレの記憶

ココナッツサブレ

宅急便の配達員をしていたことがある。
とある商店街でひととおり配達が終わって営業所に戻る途中、おばあさんに声をかけられた。
「このお金でココナッツサブレを買ってきてほしい」
路上生活してる人かな?
何で私に頼むんだろう?
よっぽどココナッツサブレが好きなんだろうか?
分かんないことだらけだったけどなんか引き受けてしまった。
いけないことだったと思う。
配達員の制服を着た私が、仕事と全く関係ないことを勤務時間内にするなんて。
でも私は「ギフト」を見て、誰かに何かを届けるって素敵だなと感じてこの仕事を始めたので、断りたくなかった。
買ってきたお礼に何か物をもらった気がするけど覚えてない。
そのおばあさんを見たのはそれが最初で最後だった。
どこから来たのか、何故ここに来たのか、どこへ行ったのか。
スーパーでココナッツサブレを見ると思い出す話。

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

黒ゆとり

Author:黒ゆとり
FC2ブログへようこそ!
?何で初期設定がこんな文章なの?

cashmessage

thank you.

  

テストです。
ちょっとした情報もしゃべります。
上手く動かなかったらすみません……。

更新通知で新しい記事をいち早くお届けします

QR